【#春くる】02.葉桜の木漏れ日に

作詞:まい
作曲:CHEEBOW

編曲:灘藍

2本早めた急行は
ガランとしてて貸し切りみたい
パスケースを慌てて出して
スタートダッシュ 改札抜け

新しい制服 スカーフはためかせて
風を切って走ろう 誰よりも先に

空に舞う花びらを左手で掴めたら
夢が叶うって誰かが言った だから
葉桜の木漏れ日に手のひらをかざしたい
素敵な日々になるように

すぐに慣れた通学路は
まだ人影さえも見えなくて
校門までのゆるい坂道
知らない景色見せてくるよ

一番乗りをして誰も居ない校庭
大きな桜のもと そっと寄りそった

満開の花びらに祝福をされながら
校舎をくぐった入学の日に たぶん
逆光の窓辺から手を振ったあの人を
ふんわり思い浮かべたの

青空 差しだした腕が痛くなっても
夢中で春を追うの 散り終わる前に

咲き残る花びらが はらはらとこぼれゆく
校庭横切り誰かの気配 だけど
葉桜の木漏れ日がまぶしくて見えなくて
立ち尽くしたら目があった

空に舞う花びらを左手で掴んだら
心動き出す予感がしたの だから
葉桜の木漏れ日に目があったあの人と
素敵な日々になるのかな

青春始まっちゃうのかな